年齢が上がるにつれ勃起不全によって硬さが足りなかったり、セックス中に中折れしたりすることに悩む男性が多くなります。そうしたとき、生活習慣を変えたり精力剤を活用したりして、根本的に勃起障害を治していくのが最適です。

ただ、その場しのぎではあるものの、薬を活用すれば効果的にEDを治療することができます。薬の効果がある時間内であれば、ペニスを問題なく勃起させることができるのです。

しかし、ED治療薬を正規の値段で入手するとなると非常に高額になります。そのため、なかなか手にすることができません。

そこで多くの人は個人輸入代行(通販)を活用して、勃起不全治療薬のジェネリック医薬品を入手することを考えます。これであれば、非常に安く薬を入手できます。

それでは、どのようにして個人輸入を利用すればいいのでしょうか。一般的な通販とその方法は同じなのですが、初めてであればどのように利用すればいいのかわかりにくいです。そこで、実際に個人輸入代行を活用して安くED治療薬を入手する方法について確認していきます。

薬を入手する方法は医療機関の受診か個人輸入しかない

まず、日本に住んでいる人が薬を入手するためには、どのようにすればいいのでしょうか。日本では法律に従って薬を入手する必要があり、これには「医療機関を受診する」「個人輸入を行う」の2つしかありません。

最も一般的な方法が医療機関の受診です。病院やクリニックを受診することで薬を処方してもらうのです。

ED治療薬であれば、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。これらの薬を処方してもらうためには、泌尿器科を受診するようにしましょう。そうすれば、問題なく薬を処方してもらいます。

そしてもう一つの方法が個人輸入です。海外では、日本とは違って医師の受診なしで薬を購入できるケースがあります。日本では医師の処方せんなしで薬をもらうのは違法ですが、海外では薬局で医薬品を直接購入できることがあるのです。

そこで、海外で売られているED治療薬を購入し、日本へ持ち帰るようにします。これを個人輸入といいます。海外で売られている薬とはいっても、正規品なので品質などは日本の薬とまったく同じです。

ただ、医薬品の個人輸入では税関に必要な書類を届け出る必要があるなど、面倒な手続きが必要です。そこで、個人輸入の代行業者を活用します。

個人輸入代行業者を利用し、通販で薬を入手するのは違法なのか

個人輸入を自ら行うのは現実的でないものの、これら面倒な手続きをすべて代行してくれる業者を活用すれば、Amazonなどの通販で買い物をするのと同じ感覚で薬を入手することができます。

このとき、「個人輸入業者を活用するのは違法なのではないか」という疑問が生まれます。ただ、個人輸入代行によって薬を入手するのは違法ではありません。

日本の法律では、「個人輸入した薬を自分で使うのは問題ない。ただ、個人輸入した商品を他人に売ったり、譲ったりするのは違法」とされています。

個人輸入代行では、あくまでも「個人輸入の手続きを代行しているだけ」です。実際に商品を購入し、使用するのはあなた本人なので違法ではありません。

もちろん、個人輸入代行を活用して手に入れた薬に対して、あなたが日本国内で他の人へ売ったり渡したりすると違法になります。あくまでも、自分が使用する目的だけのために通販によって個人輸入を利用するようにしましょう。

個人輸入で薬を購入すると安くなる

それでは、なぜ多くの男性が通販(個人輸入)によって薬を購入するのでしょうか。この理由は単純であり、それは「薬の値段がかなり安くなる」からです。

医療機関を受診するとなると、薬代以外にも費用が発生します。診察代、処方せん代などは当然のこととして、医療機関へ出向くための交通費なども必要です。通販を利用すれば、これらの費用を削減できます。受診する手間だけでなく、お金まで節約することができるのです。

医療機関を受診したとき、一般的な薬代としては以下のようになります。表では一錠あたりの値段を記しています。

バイアグラ レビトラ シアリス
値段 25mg/1,300円

50mg/1,500円

10mg/1,500円

20mg/2,000円

10mg/1,700円

20mg/2,000円

薬代だけでも高額なのに、これに受診代などさまざまな費用まで加わるとなると、かなりの金額になってしまいます。

通販によって正規品(先発医薬品)を購入する場合、上記の表とほぼ同じ値段で購入することができます。ただ、前述の通り受診代などを省ける分だけ、安く勃起不全治療薬を安く購入できます。

ジェネリック医薬品を活用し、さらに薬代を下げる

ただ、いくら医療機関の受診代や処方せん代を削減できるとはいっても、薬が高価であることには変わりありません。バイアグラ錠50mgを一錠服用するごとに1,500円が消えていくことになります。これでは、手軽にED治療薬へ手を出すことができません。

ただ、海外では日本で出回っていないジェネリック医薬品を入手することができます。個人輸入を活用すれば、バイアグラ、レビトラ、シアリスすべてのジェネリック医薬品が存在します。

現在では、バイアグラの特許が切れているので、日本の医療機関を受診したとしてもバイアグラのジェネリック医薬品を手にすることができます。

ただ、海外では「特許が切れていない段階からジェネリック医薬品が出回っている」ことがよくあります。バイアグラについても、特許が切れる前からインドの会社などがバイアグラのジェネリック医薬品を製造していました。

ただ、品質が保証されているジェネリック医薬品であるため、安心して活用することができます。

個人輸入代行による通販でED治療薬を購入する最大のメリットとして、「日本では出回っていない非常に安価なジェネリック医薬品を購入できる」ことがあげられます。

例えば、バイアグラ錠50mgのジェネリック医薬品であれば、一箱(4錠入り)で1,000円(一錠250円)ほどの値段です。正規品が一錠1,500円であることを考えると、非常に安価です。

また、個人輸入でジェネリック医薬品を利用するとき、大量注文を必ず行うようにしてください。その方が圧倒的に安くなるからです。

例えば、バイアグラ錠50mgのジェネリック医薬品を一箱ではなく、五箱(20錠入り)で注文した場合、合計金額は2,000円ほどです。これであれば、一錠100円くらいまで値段が下がります。一錠で100円であれば、気軽に薬を服用できるのではないでしょうか。

これはバイアグラのジェネリック医薬品に限らず、レビトラやシアリスのジェネリック医薬品でも同じです。大量注文することで、薬代を正規品の10分の1以下に抑えることができます。

通販(個人輸入)のデメリット

ここまで、通販によって医薬品を購入するメリットについて解説してきました。ただ、メリットだけでなくデメリットも存在するため、個人輸入のデメリットまで理解したうえで活用しなければいけません。

個人輸入を活用しての海外医薬品購入には、以下のようなデメリットがあります。

すべて自己責任になる

医療機関を受診して薬を処方してもらう場合、医師の診察を受けたうえで薬を使用することになります。また、薬局で薬をもらう場合は薬剤師による確認があった後に薬を手渡してもらいます。

薬である以上、ED治療薬には副作用があります。例えばバイアグラ、レビトラ、シアリスには併用禁忌(絶対に併用してはいけない薬)が設けられています。

また、脳梗塞や脳卒中を6ヵ月以内に発症した人は投与禁忌など、「こういう状態の人に使用すると副作用リスクが高まるため、絶対に使用してはいけない」などの注意点があります。

これらを踏まえたうえで薬が処方されるため、医療機関を受診した場合であれば医師や薬剤師による目を通した後に薬が渡されることになります。つまり、薬を服用することについて問題ないというお墨付きをもらうことができます。

ただ、個人で薬を輸入する場合、こうした専門家による目が入りません。そのため、薬を飲んだことによって副作用が表れたときはすべて自己責任になります。

もし心配な場合、一度だけ医療機関を受診するといいです。問題なく薬を処方してもらった場合、次回からは安心して個人輸入代行で薬を購入すれば問題ありません。

薬の偽造品はないのか

個人輸入代行を利用する他のデメリットとして、偽造品の問題があります。EDを専門で取り扱っている医療機関(クリニック)であれば、必ずといっていいほどサイト上に「ED治療薬の偽造品」に関する問題を取り扱い、不安をあおっています。

確かに、個人輸入では薬の偽造品を引き当ててしまうリスクがあります。ただ、これについては大手の信頼できる個人輸入代行業者を活用すれば回避できる問題なので、そこまで大したことではありません。

ただ、初めて通販で薬を購入する場合、どの会社が良いのか分からない人が多いと思います。そこで、私が利用している大手の個人輸入代行業者を二つ紹介します。

・オオサカ堂

20年以上も個人輸入代行を実施している会社としてオオサカ堂があります。医薬品通販の老舗であり、非常に有名なサイトの一つです。

これまで、オオサカ堂では偽造医薬品の輸入をしたことはありません。また、偽造医薬品によるトラブルが一度も起こっていないという実績があります。

・アイドラッグストアー

オオサカ堂と同じように、非常に有名な医薬品の個人輸入代行サイトとしてアイドラッグストアーが知られています。

アイドラッグストアーは日本の会社であり、厚生労働省の指示のもとで運営されている健全な会社です。アイドラッグストアーでも同様に、偽造医薬品によるトラブルはこれまで一度も起こっていません。

日本の会社であるため、薬機法(旧薬事法)を厳守しています。そのため、サイトの検索窓では医薬品名を正しく入力しなければ商品が出てこない仕組みとなっており、非常に面倒です。ただ、これは日本の法律をきちんと守って運営している証拠でもあります。

実際に個人輸入代行を行う手順

それでは、実際に通販で薬を購入するときはどのような手順を踏めばいいのでしょうか。この場合、まずは欲しいED治療薬をGoogleなどで検索しましょう。

例えば、シアリスのジェネリック医薬品が欲しい場合、「シアリス ジェネリック医薬品 アイドラッグストアー」などのように検索すると、欲しい商品が出てきます。

サイトに入った後、Amazonなどの通販を利用するときと同じように購入手続きを済ませるだけで問題ありません。

無事、商品の購入手続きを済ませると以下のような自動返信メールが送られてくるようになります。このようなメールが届いたら、手続き完了です。今回はアイドラッグストアーからシアリスのジェネリック医薬品(メガリス)を4箱(20錠)購入しました。

ネット上で購入手続きが完了した後、実際に商品が届くまでには一週間ほどの時間が必要です。海外からの郵送であるため、それなりの時間がかかると考えてください。

梱包など、送られてくるときの状態はどうなのか

ただ、どのような状態で商品が送られてくるのか非常に気になる男性は多いです。一人暮らしであれば何も問題ありませんが、実家暮らしであったり、奥さんや子供など家族がいたりするとED治療薬を注文しにくいです。

例えば、家族に年頃の娘がいる場合、娘が郵便受けに届いた箱を見て「うちの父親がバイアグラを注文している!」とバレた場合には、毎日軽蔑の目で見られるようになってしまいます。

こうしたことは避けなければいけません。ただ、オオサカ堂であっても、アイドラッグストアーであっても、注文した箱からは商品の中身が分からないようになっています。例えば、先ほどのメガリス(シアリスのジェネリック医薬品)であれば、以下のような箱で届きました。

国際郵便物とだけあり、中身は書かれていません。そのため、勃起改善薬を注文したとはわかりません。

また、箱を開けたときの中身は以下のようになっています。

よく見れば「Tadalafil Tablets(タダラフィル錠)」と書かれており、シアリスのジェネリック医薬品であることが分かります。シアリスの一般名がタダラフィルです。

ただ、英語で書かれていたり、一般名(タダラフィル)で書かれていたりするなど、ジェネリック医薬品を注文すれば、たとえ箱の中身を見られたとしてもED治療薬であるとわかりにくいです。そのため、万が一にでも家族に見られてもごまかすことができます。

奥さん(または彼女)が医師や薬剤師でない限り、薬の箱を見られても中身が何なのか判明することはありません。

通販で安くジェネリック医薬品のED治療薬を購入する

ここまで、どのようにして個人輸入を活用し、安全なジェネリック医薬品を通販で購入するのかについて確認してきました。

正規品のED治療薬を購入してもいいですが、非常に値段が高いです。一錠で1,500円以上するため、これでは勃起改善薬を服用するのを躊躇してしまいます。そこでジェネリック医薬品を活用し、安く薬を利用するようにしましょう。

満足いくセックスライフを送れるようにすることは男性として非常に重要です。エッチで女性を喜ばせるため、こうした個人輸入を上手に活用してみてください。