男性では、年を取るごとに男性機能(生殖機能)が低下する人が多くなります。その結果、ED(勃起不全:インポテンツ)などの症状を起こすようになります。特に50~60歳代である中高年と呼ばれる年齢は、男性機能(生殖機能)が悪くなりやすいときだといえます。

ただ、中高年になると全ての人で精力が低下するかというと、そうではありません。中には30歳代で明らかに男性機能(生殖機能)が悪くなる人もいますし、逆に70歳を過ぎても精力が高く維持されている人もいます。

つまり、男性機能の低下によるED(勃起不全)は加齢だけが原因で起こりません。そして加齢に加えて、食生活の乱れが大きく精力に関係します。

そこで、男性機能(生殖機能)を高めてEDを防止する食事である「酵素食」における6原則について解説します。

酵素はバランスが大切

酵素とは、体内での化学反応をスムーズに行うために必要なものです。そのため、酵素が不足すると消化吸収が上手くいかなかったり、食べた物からエネルギーが効率良く作られなかったりします。

このように、体の化学反応全てに関わる酵素が不足すると男性機能(生殖機能)は低下します

そして、体内にある酵素は大きく「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分類されます。消化酵素は、食べ物をスムーズに消化するために必要な酵素です。一方で代謝酵素は、各細胞におけるエネルギーを産生したり、傷ついた組織を修復したりする反応に関わる酵素です。この代謝酵素が、男性機能(生殖機能)を維持するためには欠かせません。

消化酵素と代謝酵素は、2つ合わせて体内に存在する量が一生のうちで決まっています。そのため、どちらか一方を使いすぎると、もう片方の役割として利用できる酵素は少なくなります。

つまり、食べ物を消化するために消化酵素を使い過ぎると、代謝酵素として利用できる酵素の量が不足するため男性機能(生殖機能)が低下します。

そのため、精力を低下させないためには、消化酵素と代謝酵素のバランスを崩さないような食生活が大切だといえます。消化酵素を無駄遣いしないような食事が、結果的に男性機能(生殖機能)を高く維持することにつながります。

男性機能(生殖機能)を維持する食事の6原則

男性機能(生殖機能)を高く保つためには、食生活に気をつける必要があります。そして、代謝酵素を男性機能(生殖機能)のために十分に利用できるように、食事を工夫することが大切です。

そのためには、消化酵素を過剰に使いすぎないような食生活を意識することがポイントになります。

毎日アルコールを飲みすぎたり、朝食を食べたり食べなかったりしたりといったような食生活では、食べ物の消化にかかる負担が大きくなります。その結果、男性機能(生殖機能)を高めるための代謝酵素が不足して、精力が低下します。

そうならないためにも、以下の6つに注意して食事を摂るようにしてください。

・生食を中心に食べる

・発酵食品を意識的に食べる

・1日2食を原則とする

・朝食は酵素ジュースにする

・砂糖と体に悪い油は避ける

・定期的に断食を行う

食品の中でも、生きた酵素は生のものにしか含まれていません。特に、酵素は50℃を超える温度で加熱すると機能を果たさなくなります

そして、発酵食品も酵素を多く含む食品です。そのような食品は消化吸収される際に、体内に存在する消化酵素をあまり必要としません。「食品自体に含まれる酵素」によって、消化と吸収がスムーズに行われます。

そのため、体内の消化酵素を無駄遣いしないためには、生の新鮮な野菜や果物、もしくは発酵食品を意識的に摂取することが大切です。

消化酵素の無駄遣いを避ける

また、砂糖や悪い油を消化吸収する際には、内臓へ負担が過剰にかかります。そうなると、消化酵素が必要以上に働かなければいけなくなるため、消化酵素の無駄遣いとなります。そのため、砂糖や悪い油の摂取を極力控えることで、余計な消化酵素の使用を抑えることができます。

さらに、消化酵素を無駄使いしない有効な方法の1つとして、「食事自体を減らす」というものがあります。食べ物自体を食べないと消化吸収が起こらないため、消化酵素は必要なくなります。そのため、1日の食事は2回にして、毎月1回程度のペースで断食を行うようにします。これが、男性機能に関わる食事法だといえます。

このように、男性機能(生殖機能)を高く維持するためには、消化酵素の無駄遣いを避けることが重要になります。以上に述べた6点を意識するだけでも、消化酵素の消費が抑えられ、男性機能(生殖機能)の低下を予防することにつながります。

生食と発酵食品を摂取すると男性機能(生殖機能)は向上する

なお、精力の低下による症状は人それぞれであり、「ED(勃起不全)」で悩まされる人もいれば、「男性更年期障害」によって複数の不調を伴って出現する人もいます。

このような男性機能(生殖機能)の低下は、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌が悪くなることで起こります。

そのため、中高年男性の精力低下を防ぐためには、テストステロンの分泌を維持することが必須になります。そして、テストステロンの合成・分泌量を悪くしないためには食生活を工夫することが大切です。男性ホルモンに良い食品を意識して摂取することで、中高年に起こる男性機能(生殖機能)の問題を予防することができます。

男性ホルモンに有効な食品のなかには、生食や発酵食品などがあげられます。

生食には酵素が豊富

生野菜などの生食には、男性機能(生殖機能)だけでなく体の細胞全てを活発にする役割を持つ「酵素」が豊富に含まれています。酵素とは、体内の化学反応を円滑化するための物質です。酵素の働きによって、食べ物の消化や細胞の代謝が円滑に行われるようになります。

消化酵素と代謝酵素のうち、細胞の活動を活発にするために必要なのは代謝酵素です。男性ホルモンを合成・分泌する精巣の働きを促進するのも代謝酵素の役割です。

生食には、食べ物自体に酵素が豊富に含まれているため、体内に存在する消化酵素の消費が少なくなります。つまり、生食自体に入っている酵素によって食品の分解が促されるため、体内に存在する消化酵素を利用する必要がなくなります

その結果、精巣の代謝に利用できる代謝酵素が多くなるため、男性ホルモンの合成と分泌が高まり男性機能(生殖機能)が活性化します。このような理由から、生食は精力を高める食品の1つであるといえます。

発酵食品と酵素

日本では、食品の保存を目的として漬物を作ります。世界においても、韓国のキムチやドイツのザワークラフト、欧米のピクルスといったように、多くの国で漬物は食べられています。

しかし、ぬか漬けや塩漬け、粕漬け、酢漬け、味噌漬け、みりん漬けといったように、日本ほど漬物を多く作っている国はありません。そして、漬物には酵素が豊富に含まれているため、漬物は男性機能(生殖機能)を高める食品だといえます。

また日本人は、納豆や味噌、しょうゆといったような発酵食品も多く食べます。そして発酵食品の場合、発酵過程で微生物によって酵素が作られます。

さらに、日本の発酵食品は植物性のものが多いです。そして、植物性発酵食品に豊富に入っている植物性の乳酸菌は、腸内に作用することで腸内環境を整えます。腸内環境が良好なことは、精力だけでなく「体の全ての機能を正常に働かせるための土台になる」といえます。

そのため、植物性の発酵食品を摂取することは、結果的に男性機能(生殖機能)を高めることにつながります。発酵食品にも精力を高める効果があるのです。

今回述べたように、男性機能(生殖機能)を高く維持するためには、食生活を整えることが大切です。その中でも、特に「生食」と「発酵食品」は男性機能(生殖機能)を高め、ED(勃起不全)などを予防する食品としてお勧めです。