一般的に更年期障害というと、閉経前後の女性に起こるものだと考えられています。確かに、ほとんどの女性は症状の大きさに差はあるものの、40~50代にかけて体の不調が現れます。

しかしこのような更年期障害と呼ばれるものは、男性にも同様に起こります。これを男性更年期障害と呼び、女性と同様に40~50代に生じやすいです。

男性更年期障害の一種に加齢男性性腺機能症候群(LOH症候群:Late onset hypogonadism症候群)があります。このLOH症候群は。中高年の男性における男性機能(生殖機能)にも大きな影響を与えます。

そこで、中高年男性の更年期障害であるLOH症候群について解説します。

男性ホルモン(テストステロン)の作用

更年期障害というと、一般的には女性に起こるものだと考えられています。しかし実際には、女性と同様に男性でも更年期障害が起こります

女性における更年期障害の原因は、女性ホルモンの急激な低下によるものです。これは男性の更年期障害も同じであり、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンの分泌が減ることで起こります。

男性ホルモンには、身体面・精神面においてさまざまな役割があります。男性ホルモンの主な作用には以下のようなものが挙げられます。

・性欲増進、精子の形成

・ストレス耐性の向上

・活力抑揚

・筋肉、骨を強くする

・動脈硬化の抑制

・内臓脂肪蓄積の抑制

このように男性ホルモンは、体の健康にとって非常に重要な役割を担っています。そのため、男性ホルモンの分泌が低下して起こるLOH症候群は、体にさまざまな症状を引き起こします。

そのことが中高年男性における性欲低下やED(勃起不全)といったような性機能の問題、うつ病などによる社会的な障害を引き起こすことになります。

男性の更年期障害(LOH症候群)とは

既に述べたように、男性における更年期障害も女性と同じようにホルモン分泌が低下することで起こります。

女性であると、閉経によって女性ホルモンの分泌量が急激に少なくなります。そのために症状がわかりやすいですが、男性の場合は閉経などがなく徐々に男性ホルモンの分泌量が少なくなります。そのため、女性に比べて更年期障害であることを判別しにくいです。

このように男性ホルモンが低下する要因としては、加齢の影響もありますが多くは仕事によるストレスなどが原因といわれています。男性ホルモンにはストレスに耐えるような力があります。ただ、あまりに過剰なストレスがかかり過ぎると、男性ホルモンの働きが悪くなります。

そのため、仕事やプライベートで大きなストレスを感じているようなときは、間違いなく男性ホルモンの分泌が低下しています。

特に40代以上になると、仕事において管理職などの重要な役割を任されるようになります。その結果、今までなかったような精神的ストレスを受けるようになり、男性ホルモンの分泌が下がります。このような意味でも、40代以上になると男性機能が低下しやすくなるといえます。

男性ホルモンの分泌が少なくなると、精神的な落ち込みや気力の低下などが起こり、さらに仕事もうまくいかなくなるという悪循環に陥ります。

さらに男性ホルモンが少なくなると、精神面だけでなく身体面にも大きな影響があります。具体的には、メタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが高くなることも明らかになっています。

なぜ、男性更年期障害(LOH症候群)を発症するのか

それでは、どのような人がLOH症候群を発症するのでしょうか。男性ホルモン(テストステロン)の量は個人差が大きいです。こうしたとき、もともとの男性ホルモン量が少ない人というよりも、若いころの男性ホルモン値が高かった人で症状が起こりやすいです。

女性で起こる更年期障害は女性ホルモン量の急激な減少で起こります。これと同じように、男性更年期障害もテストステロンの分泌量低下によって、若いときに比べて男性ホルモン量が少なくなることで生じます。

20代のころは仕事をバリバリしていて男性ホルモン量が多かったとしても、年齢やストレスによって40代や50代などの中高年以降で男性ホルモンの量が減ると、もともとのテストステロン量からの落差が大きくなります。その結果、うつ症状やED(勃起不全)などの症状が現れるようになります。

加齢に伴って、誰でも男性ホルモンの値は減少していきます。30代をピークとして、分泌されるテストステロンが少なくなっていくと考えてください。

ここに、ストレスや生活習慣の乱れなどが加わると、より男性ホルモンの分泌量が少なくなってLOH症候群を発症します。そのため、「男らしい人ほど注意すべき病気」が男性更年期障害です。

LOH症候群になると、やる気や自信が失われます。それまで、精力的に仕事を頑張ってきていたとしても、心にも体にも不調が表れるようになります。そうなると、仕事ができなくなったり精神的に追い込まれたりするようになってしまうのです。

なお、20代や30代などで発症する若年性LOH症候群はより深刻であり、仕事が手につかなくなってしまいます。

男性更年期障害のチェック項目

このような男性更年期障害では、早期に気づき対処することが大切です。そのため、以下のチェック項目を確認して、多くあてはまる場合は何かしらの対応を行う必要があります。

・全身的な体の不調

・筋肉痛や関節痛

・睡眠障害

・強い疲労感

・イライラ感

・不安感

・憂鬱な気分

・ひげの成長低下

・性的能力の衰え

・早朝勃起(朝立ち)回数の減少

・性欲低下

以上のような状態に当てはまる人は、男性更年期障害(LOH症候群)である可能性が高いです。これ以上進行しないように、早めの対策を取ることをお勧めします

本当にうつ病なのか検討する

上記にある症状の中でも、特に注意すべきなのは憂うつな気分です。LOH症候群の症状に精神的な落ち込みがあることから、うつ症状が表れるようになることがあります。男性ホルモンが少なくなることで注意力が散漫になり、マイナス思考で考えるようになるのです。

そうしたとき、会社の同僚や家内から「うつ病ではないのか?」といわれて、病院を受診する人はたくさんいます。

そうして心療内科(精神科)を受診すると、うつ病と診断されて抗うつ薬が処方されます。ただ、本当の原因はうつ病ではなく、テストステロンの分泌低下なので抗うつ薬を服用してもまったく症状は改善しません。

それどころか、「自分はうつ病だ」と思い込んでしまい、休職して家でゴロゴロしているとよけい男性ホルモン量が少なくなっていきます。自信がなくなったり、仕事をしていなかったりする状態はテストステロン値を下げるため、うつ症状はよけい悪くなります。

中高年男性の場合、たとえうつ病と診断されたとしても、本当のところはうつ病でないかもしれません。LOH症候群によって、気分の落ち込みや不安、イライラなどが表れているだけなのかもしれないのです。

LOH症候群の治療法と対策

このように男性にとって大きな問題となる男性更年期障害ですが、それではLOH症候群をどのようにして治療するのでしょうか。

まず、わかりやすいものとしては男性ホルモン補充療法があります。このときは血液検査などによってテストステロン値を測定し、テストステロン(厳密には遊離テストステロン)が低値であったときに男性ホルモンを補充していきます。

ホルモンを補充していくことによって、うつ症状やEDなどが改善していくことがあります。

この場合は心療内科(精神科)ではなく、泌尿器科を受診することになります。「うつ症状なのに泌尿器科なのか?」と考えてしまいますが、まさにその通りです。泌尿器科を活用してテストステロンを外から補うことで、それまで悩んでいたうつ症状やEDなどから解放されることはよくあります。

なお、たとえLOH症候群が原因だったとしても、抗うつ薬の服用を継続することはよくあります。LOH症候群によって気分が落ち込み、本当にうつ病を発症してしまい、LOH症候群とうつ病を合併することがあるからです。

これはEDも同様であり、バイアグラやシアリスなどの勃起改善薬を活用しながら、LOH症候群の治療を並行していくことがあります。

プラセンタ注射

男性ホルモンの補充療法以外には、プラセンタ注射によって症状回復を図ることがあります。週に1回ほどプラセンタ注射をします。

プラセンタは女性の更年期障害に効果が認められていますが、これについては男性更年期障害に対しても同様です。プラセンタによってLOH症候群の症状を軽減できます。

医療機関であっても、プラセンタを利用していることは多いです。医療用医薬品としてプラセンタ注射が存在するため、これを使用するのです。

プラセンタ注射はラエンネックという名前で販売されており、元々の適応は「肝機能の改善」です。これを美容クリニックなどが応用し、現在では更年期障害などさまざまな症状に対して活用されるようになっています。

漢方薬の使用

なお、注射して男性ホルモンを補充するとなると、時間経過と共に補った男性ホルモン量は下がっていきます。当然ながら薬の効果は時間が経つと弱まるため、定期的に通院しなければいけません。

ただ、これでは私たち患者側の負担が大きいです。プラセンタ注射も同じように、通院という大きなデメリットがあります。そのため、男性ホルモン補充療法やプラセンタ注射以外による治療によって完治させることも同時に検討する必要があります。

そこで、漢方薬をLOH症候群の治療に活用します。男性更年期障害に活用される漢方薬としては、八味地黄丸(はちみじおうがん)、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)などがあります。

八味地黄丸は腎臓など、加齢による下半身の具合が悪い人に効果的です。排尿困難や頻尿など腎臓のトラブルに対して主に活用されますが、男性更年期障害による諸症状にも効果を示します。冷えの強い人に用いられ、男性ホルモン値を改善することもあります。

また、補中益気湯は「虚弱体質で疲れやすく、風邪をひきやすい人」などに主に活用される漢方薬です。補中益気湯には男性ホルモン(テストステロン)を増やす働きがあると研究で確認されており、LOH症候群を治療することができます。

牛車腎気丸であれば、ペニスの血管に作用することで勃起に欠かせないNO(一酸化窒素)の働きを強めてくれます。これにより、男性更年期障害によるEDが改善されます。

漢方薬は20代や30代で問題となる若年性LOH症候群に対しても用いられます。1か月以上、漢方薬を飲むことで効果を実感できるようになります。

サプリメントを活用する

男性更年期障害を治療するとき、サプリメントを活用するのも有効です。勃起障害に用いられる精力剤とは異なり、あくまでも男性ホルモンに対して有益な効果を示すサプリメントが利用されます。

こうしたサプリメントとしては、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)や亜鉛などがあります。

・DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)

DHEAは男性ホルモン前駆体と呼ばれています。前駆体とは何かというと、「前の段階の物質」と考えるといいです。

男性ホルモンは副腎など私たちの体内で合成されます。合成されるとき、DHEAを経て男性ホルモンになります。

そこで、DHEAをサプリメントとして飲むことによって、副腎で合成されるテストステロンの量を増やすようにします。30代のころから徐々にDHEAの分泌が減ってくるため、LOH症候群の治療にDHEAが活用されるのです。

・亜鉛

また、LOH症候群への対策として私たちにとっても最も身近なものに亜鉛があります。テストステロンが作られるときは亜鉛が欠かせません。

食事で男性更年期障害を予防したり改善したりするとき、亜鉛の摂取が最も重要だとされています。亜鉛は牡蠣や豚肉などに豊富に含まれており、亜鉛を摂取することでテストステロン値が下がることを防げるのです。

男性であれば、男性ホルモン値は毎年1%ほど低下していくとされています。そこで、テストステロンの維持に亜鉛が重要だとされています。

成人男性では、1日の亜鉛の推奨摂取量は10mgです。1日の上限は30mgですが、これを超えないようにすれば副作用などの問題はありません。

ちなみに、私の場合は亜鉛サプリメントを活用しています。毎日、牡蠣を食べるのは現実的に難しいため、若々しく活動するために「海乳EX」というカキエスのサプリメントを飲んでいるのです。

ちなみに、スタミナに関わる食材としてはニンニクが知られています。ただ、ニンニクについては賛否両論あり、生ニンニクでは男性ホルモン値が低下したという報告があります。ニンニクよりも、牡蠣などによって亜鉛を摂るほうが確実です。

薄毛治療の薬はLOH症候群に影響しない

なお、男性更年期障害を治療するためにテストステロン値を高めるようにすると、ハゲやすくなるのではと心配する人がいます。また、その反対に「薄毛治療をすると男性更年期障害が悪化するのではないか」と考える人もいます。

LOH症候群を改善するとき、こうした悩みをもつ男性も多いため、これについては疑問を解決しておかなければいけません。

ハゲを治すとき、育毛剤だけでなくプロペシアなどの薄毛治療薬を服用することがあります。プロペシアはいわゆる「毛生え薬」であり、飲むことで頭から髪の毛が生えてきます。

なぜ、頭がハゲるのかというと、これにはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が関わっています。テストステロンから合成される物質がDHT(ジヒドロテストステロン)であり、テストステロンに比べて何十倍も男性ホルモン作用が強いです。

薄毛の原因はテストステロンではなく、ジヒドロテストステロンだといわれています。そこで、プロペシアはジヒドロテストステロンが作られる過程を阻害します。

その一方で、LOH症候群の治療では遊離テストステロン(フリーテストステロン)の値を上昇させることが重要であり、薄毛に関わるジヒドロテストステロンは検査項目に存在しません。

要は、プロペシアなどの薄毛治療薬を服用しても、ジヒドロテストステロンの量は減るものの、テストステロン値には影響しないのでLOH症候群は悪化しません。また、テストステロンはハゲに関与しないため、LOH症候群を改善させようとして薄毛が悪化することもありません。

もちろん、プロペシアは薬である以上、必ず副作用があります。性欲減退やED(勃起不全)などが主な副作用として知られています。

こうしたことはあるものの、薄毛治療薬を活用して男性更年期障害が悪化することなく、その反対にLOH症候群を治療してハゲが進行することも基本的にないことは理解したほうがいいです。

体の不調を感じたとき、LOH症候群を疑う

男性であるなら、気分が乗らない日々が続いたり仕事でのミスが何度もあったりしたとき、うつ病を疑うのも重要ですが同時に男性更年期障害(LOH症候群)ではないかと考えてみてください。抗うつ薬を飲んで治らなくても、男性ホルモンを高めるようにすれば完治することはよくあります。

また、同じようにED(勃起不全)によって勃ちが悪かったり、中折れしたりするとき、若いときに比べてテストステロンの値が低くなっていることが原因になっているかもしれません。

体の不調が表れたとき、その原因はさまざまです。男性の場合、その一つに男性ホルモンが深く関わっていることがあるのです。そこで、そのための対策を講じるようにしましょう。

例えば私の場合、先ほどの述べたように亜鉛サプリメントを活用しています。「海乳EX」など、こうしたサプリメントを活用することによっても、男性更年期障害に解消することができます。